« 5月23日 マイナス | トップページ | 微小変化型ネフローゼ症候群 »

2007年5月24日 (木)

小児ネフローゼ症候群

尿に大量のたんぱくが出て浮腫[ふしゆ]を起こす

ネフローゼ症候群の主症状は、むくみ(浮腫)です。

ネフローゼ症候群では、尿に大量のたんぱくが出て、このため、血液のたんぱくが下がります。このことが血液の膠質浸透圧[こうしつしんとうあつ]を下げ、体液が血管腔[けつかんくう]より組織間液に移行するため浮腫が生じるのです。

同時に、脂質調節物質が尿中に出てしまうため、肝での脂質とアポリポたんぱく合成が増加し、カイロミクロンと超低比重リポたんぱくコレステロール(VLDL)の異化の低下をきたし、高コレステロール血症が生じます。

|

« 5月23日 マイナス | トップページ | 微小変化型ネフローゼ症候群 »

●ネフローゼ知識●」カテゴリの記事

コメント

私、小5です!!
ネフローゼとは、4年の付き合いです^-^

今、再発中です(;O;)

投稿: | 2011年11月27日 (日) 13時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213277/15180273

この記事へのトラックバック一覧です: 小児ネフローゼ症候群:

« 5月23日 マイナス | トップページ | 微小変化型ネフローゼ症候群 »