« 6月18日 前進 | トップページ | 6月19日 お絵書き »

2007年6月19日 (火)

6月19日 我家の二人の独りっ子

桃君が三歳、金ちゃんが一歳のときネフローゼが発覚した。それから二年の歳月が過ぎた。二人は離れ離れでお互い独りっ子のように育っている。じいじやばあばのおかげでこの二年の間にずいぶん大きくなったと思う。この前の外泊のとき二人が再会した。最初こそ照れていた二人だけど桃君はやっぱりおにいちゃんだったし、金ちゃんはやっぱり弟だった。桃君は、ママと病院に戻るとき、泣くのをじっと我慢していた。そのうち涙をためて金ちゃんと一緒にいたいとぽつりと言った。金ちゃんも別れが辛くて泣いた。三歳と五歳の二人が、大人と同じように別れがつらいとかつらさを我慢するとか。。。ママに置いてかれたんじゃなくて弟と一緒にいたいと泣いた。大人が想像している以上に桃君はいろいろ感じて、きっとたくさん我慢している。

|

« 6月18日 前進 | トップページ | 6月19日 お絵書き »

○入院生活日記○」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213277/15492517

この記事へのトラックバック一覧です: 6月19日 我家の二人の独りっ子:

« 6月18日 前進 | トップページ | 6月19日 お絵書き »